女性

インフルエンザの症状について知る|効果的な対策方法

マスクによる予防効果

マスク

インフルエンザウイルスの感染経路というのは、主に接触感染と飛沫感染によるものだと言われています。接触感染はウイルスに汚染されている物(手すりや吊り革等)に触れた後、それに気づかず汚染された手で自身の口や鼻(粘液接触)に触れてしまった際に発生する感染です。それに対して飛沫感染は、既にインフルエンザウイルスに感染している人が咳やくしゃみをした際、大気中に飛散する唾液に含またウイルスを第三者が吸引することによって引き起こされる感染になります。接触感染は徹底した手洗いや消毒用エタノールの使用により予防することが可能ですが、飛沫感染となると別の方法で予防する必要があるでしょう。その方法というのは、マスクの着用です。

数多くの人の中には、マスクではインフルエンザウイルスを防げないと考えている人がいるでしょう。その理由は、インフルエンザウイルスの大きさがマスクを構成する繊維と繊維の隙間よりも小さく、簡単に通り抜けられるという話があるからかと思います。実際、インフルエンザウイルスはマスクを通り抜けることが可能です。しかし、通り抜けるからといってマスクに予防効果が無い訳ではありません。その理由を知るためには、インフルエンザウイルスが冬場に流行する訳について知る必要があるでしょう。このウイルスは高温多湿を嫌い、寒く乾燥した環境を好みます。そのため、冬場はインフルエンザウイルスにとって快適な環境なのです。裏を返せた、高温多湿な環境を作ってしまえば感染を予防することができるということになります。マスクを着用することによって、口や鼻の周りの湿度を高めることができるため、感染を予防することができるのです。